プレスリリース情報

明治から続く木工所が茨城県産ヒノキにこだわる工場直営店オープン
日常のくらしに寄り添う家具や雑貨を製造・販売

八木沢木工(運営:株式会社家具の八木沢/本社:茨城県水戸市五軒町3-3-66/代表:八木沢章、以下 八木沢木工)は、「ヒノキのやさしい家具」をコンセプトに掲げ、ヒノキを中心とした「ファクトリーショップ」(工場直営ショップ)を2021年2月1日(月)にオープンいたしました。(2020年10月31日よりプレオープン、正式オープンは2021年2月1日)

「ファクトリーショップ」では、国産木材(茨城県産)であるヒノキに着目し、ダイニングチェアやテーブル、子ども用椅子、ギフト向け知育玩具、キッチン雑貨といったヒノキ材を有効活用した日常のくらしに寄り添う家具屋雑貨を販売いたします。

【開発背景】
近年、環境問題への意識の高まりにより、環境負荷の大きな外国産材ではなく日本の山々を整備して国産木材を活用していくことで、環境負荷を低減させる取り組みが活発になっています。弊社は木材を主原料とする事業者としてこの取り組みに賛同し、国産木材のヒノキの家具の開発を進め、ファクトリーショップのオープンに至りました。
八木沢木工では、2004年からヒノキの家具製作への取り組みを本格的に開始。建築材としてしか流通していなかった茨城県産のヒノキを家具材として使用することで、ヒノキの流通を豊かにし、茨城の林業や山々に活気をもたらす一助となることを目的としています。茨城のヒノキは木理が詰んで硬く、きれいな木目が特徴で、家具製作に適していることから、主にダイニングチェアやテーブル、子ども用椅子、ギフト向け知育玩具、キッチン雑貨といった製品を手掛けています。

【ファクトリーショップの特徴】
八木沢木工のコンセプトは「ヒノキのやさしい家具」。人にも環境にもやさしい、日常の暮らしに寄り添うものづくりをテーマに製造・販売を行っています。ファクトリーショップは工場併設ショップならではの「五感で感じるファクトリーショップ」をテーマに、製品を見て・触れて、ものづくりの現場の音・匂い・雰囲気を体感できる施設となっております。
来店いただいたお客様には、ご要望に応じて都度ファクトリーツアー(工場見学)展開し、弊社のモノづくりを全身で体感いただけます。工場直営ショップという利点を活かし、お客様への細やかな対応(サイズオーダーやカスタマイズなど)も可能です。

【八木沢木工について】
明治初年、初代八木澤政之助が家具指物製造業として創業しました。その後、二代・三代・四代・五代と事業継承し150余年、現在の創業の地で変わらずに木工所を営んでいます。昭和28年に「有限会社 八木沢木工所」として法人設立。昭和56年に会社組織を変更し、現在の「株式会社 家具の八木沢」となり、公共施設・教育施設・オフィス・商業施設・展示施設・住宅等の特注家具製作に特化し、案件にかかわる皆様と共に様々な空間づくりに携わってまいりました。現在は「八木沢木工」という屋号を掲げ、自社ブランドの製作など活動の幅を広げています。

【お問い合わせ】
ファクトリーショップについて
八木沢木工(担当:杉浦)
TEL0120-900-177 受付時間10:00~18:00(祝日を除く月~金)
メール info@k-yagisawa.co.jp

PAGE TOP